日本犯罪社会学会 Japanese Association of Sociological CriminologyJASC

大会・シンポジウム


第45回(2018年度)大会のプログラムについて

第45回大会プログラムが完成しました。以下のPDFファイルをご確認ください。
(学会員の皆様には、9月初旬にお届けする予定です)

■第45回プログラム → PDF:1.5MB



第45回(2018年度)大会の報告要旨について

自由報告部会報告者、テーマセッション担当者、シンポジウム担当者におかれましては、大会報告要旨集に掲載する報告要旨集原稿を提出していただくことになっております。

つきましては、原稿の見本としてのテンプレートを下記に掲載いたしますので、各自ダウンロードして原稿作成のご参考にしていただければと思います。

■報告要旨用テンプレート → word:63KB
■テーマセッション用テンプレート → word:30KB
■大会シンポジウムコーディネーター用テンプレート → word:30KB



犯罪学セミナー「エビデンスに基づいた犯罪対策の重要性と実践」のご案内

5月2日に龍谷大学犯罪学研究センター・龍谷大学社会科学研究所との共催で、犯罪学セミナー「エビデンスに基づいた犯罪対策の重要性と実践」を開催します。詳細はチラシをご覧ください。 非会員の方々にも奮ってご参加いただきたく、よろしくお願いいたします。

【開催日時】 2018年5月2日(水)13:00〜17:00
【開催場所】 龍谷大学紫光館4階大法廷教室
【講師】ヘブライ大学教授 David Weisburd、科学警察研究所 原田豊


セミナーチラシ → pdf:783KB



過去の大会情報はこちらをご覧ください



第8回公開シンポジウム 成果報告書の無償配布について

平成23年8月5日(於:神戸国際会議場/国際犯罪学会)に開催いたしました公開シンポジウム「日本の犯罪発生率の低さを理解する」の報告ならびに討議内容を記録しました成果報告書(非売品)を、平成24年3月1日に発行いたしました。本報告書は、無償ダウンロードすることができます。(第13期渉外委員会)

 成果報告書「日本の犯罪発生率の低さを理解する」
 (137ページPDF:4,335KB)

 過去の公開シンポジウム情報はこちらをご覧ください