日本犯罪社会学会 Japanese Association of Sociological CriminologyJASC

大会・シンポジウム


第46回(2019年度)大会のプログラムについて

第46回大会のプログラムは下記よりダウンロードしていただけます。
会員の皆様にはプログラム冊子を9月中旬頃発送予定です。

■大会プログラム → PDF:2.2MB

第46回(2019年度)大会の報告要旨について

自由報告部会報告者、テーマセッション担当者、シンポジウム担当者におかれましては、大会報告要旨集に掲載する報告要旨集原稿を提出していただくことになっております。

つきましては、原稿の見本としてのテンプレートを下記に掲載いたしますので、各自ダウンロードして原稿作成のご参考にしていただければと思います。

■報告要旨用テンプレート →word:63KB
■テーマセッション用テンプレート → word:30KB
■大会シンポジウムコーディネーター用テンプレート → word:30KB



過去の大会情報はこちらをご覧ください


第46回(2019年度)大会自由報告募集

第46回大会における自由報告を募集します。以下のPDFファイルをご確認ください。
(申込期限は2019年6月8日(土)必着)

■第46回大会自由報告募集 → PDF:107KB



第46回(2019年度)大会の概要

 第46回大会は、2019年10月19日(土)、20日(日)に、淑徳大学(千葉県千葉市中央区)で開催されることとなりました。現在、予定している事項につきまして、以下の通りご報告致します。

1 タイムテーブル

テーマセッションの応募が多数であり、開催時間の調整のため、タイムテーブルは次号ニューズレターにてお知らせします。

2 企画内容について

 現在のところ予定しているシンポジウム、テーマセッションのテーマ・申込者等は次の通りです。

(1)シンポジウム

テーマ:コミュニティと犯罪

コーディネーター・司会 野田 陽子(淑徳大学)
報告者 竹中 祐二(北陸学院大学)
山本 奈生(佛教大学)
原田 豊 (立正大学)
平井 秀幸(四天王寺大学)
指定討論者 島田 貴仁(科学警察研究所)
高木 大資(東京大学)
久保 貴 (東京福祉大学)


(2)公募企画テーマセッション
  • テーマ:日本の死因究明制度について考える
    申込者:笹倉 香奈(甲南大学)

  • テーマ:ジェンダーの視点から見た刑務所
    申込者:矢野 恵美(琉球大学)

  • テーマ:特殊詐欺などの身近な犯罪から高齢者を守るには(仮題)
    申込者:齊藤 知範(科学警察研究所)

  • テーマ:「若年者に対する施設内処遇の展望と課題」
    申込者:武内 謙治(九州大学)

  • テーマ:矯正施設における社会復帰支援―多機関連携に向けて―
    申込者:仲野 由佳理(日本大学)

  • テーマ:刑務所を開いていく「語り」とは?
    申込者:森久 智江(立命館大学)

  • テーマ:受診者の薬物規制法違反への医療者等による対応
    申込者:平井 愼二(独立行政法人国立病院機構下総精神医療センター)

  • テーマ:国際的視点に立った刑事政策の実現
            ―第14回国連犯罪防止会議(京都コングレス)の開催に向けて―
    申込者:山口 直也(立命館大学)

  • テーマ:犯罪者処遇への市民参加の現代的諸相
    申込者:高橋 有紀(福島大学)

  • テーマ:覚せい剤事犯者の社会復帰に向けた地域の役割
            〜司法・処遇・支援の各視点から〜
    申込者:矢作 由美子(聖徳大学)

  • テーマ:刑事政策学の復権X:
            いかにすればポスト/ニーズを増やす/高めることができるか
    申込者:松原 英世(愛媛大学)

  • テーマ:反復違法行為者に対する治療の義務付け
    申込者:尾田 真言(NPO法人アパリ)

  • テーマ:非行からの「立ち直り」と就労支援を再考する
            ―インタビュー調査に基づいて
    申込者:岡邊 健(京都大学)


第45回(2018年度)大会の報告要旨について

自由報告部会報告者、テーマセッション担当者、シンポジウム担当者におかれましては、大会報告要旨集に掲載する報告要旨集原稿を提出していただくことになっております。

つきましては、原稿の見本としてのテンプレートを下記に掲載いたしますので、各自ダウンロードして原稿作成のご参考にしていただければと思います。

■報告要旨用テンプレート → word:63KB
■テーマセッション用テンプレート → word:30KB
■大会シンポジウムコーディネーター用テンプレート → word:30KB



過去の大会情報はこちらをご覧ください



第8回公開シンポジウム 成果報告書の無償配布について

平成23年8月5日(於:神戸国際会議場/国際犯罪学会)に開催いたしました公開シンポジウム「日本の犯罪発生率の低さを理解する」の報告ならびに討議内容を記録しました成果報告書(非売品)を、平成24年3月1日に発行いたしました。本報告書は、無償ダウンロードすることができます。(第13期渉外委員会)

 成果報告書「日本の犯罪発生率の低さを理解する」
 (137ページPDF:4,335KB)

 過去の公開シンポジウム情報はこちらをご覧ください