日本犯罪社会学会 Japanese Association of Sociological CriminologyJASC

機関誌『犯罪社会学研究』

『犯罪社会学研究』第45号について

『犯罪社会学研究』第45号が、2020年11月に発刊されております。内容は以下の通りです。なお、『犯罪社会学研究』の最新号及びバックナンバーは、非会員の方もご購入いただけます。詳しくは、『犯罪社会学研究』の購入方法をご覧ください。


T 課題研究 コミュニティと犯罪

 はしがき
 ――「コミュニティと犯罪」研究の系譜と将来展望――(野田陽子)

 日本における犯罪と
 ソーシャル・キャピタルの関係をめぐる研究動向
 (竹中祐二)

 コミュニティと犯罪
 ――海外と日本の社会調査に基づく研究の系譜と今後の展望(島田貴仁)

 『犯罪多発地区』の多様な相
 ――Felson and Eckertの"Over Crime Areas"論を鍵として――(原田 豊)

 統治のアクターとしてのコミュニティ
 ――その系譜と,「統治の社会化」にむけた探索的アプローチ――(平井秀幸)



U 自由論文

 長期刑受刑者の施設内適応――主観的健康感をめぐる検討――(新海浩之)

 戦前少年保護実務家の戦後少年司法に関する課題認識
 ――1948年少年法をめぐり言説化されなかった「語り」の分析――
 (竹原幸太)

 犯罪当事者間での対話意欲を規定する要因
 ――修復的司法の視座から―(湯山 祥・藤野京子)

●犯罪研究動向

 サイバー犯罪の動向(四方 光)

 触法精神障害者の処遇に関する研究動向(城下裕二)



 

既刊号の特集・課題研究テーマ 一覧

既刊号の目次 一覧

第44号の主な内容

第43号の主な内容

第42号の主な内容

第41号の主な内容

第40号の主な内容

第39号の主な内容

第38号の主な内容

第37号の主な内容

第36号の主な内容

第35号の主な内容

第34号の主な内容

第33号の主な内容

第32号の主な内容

第31号の主な内容