日本犯罪社会学会 Japanese Association of Sociological CriminologyJASC

機関誌への投稿規程

  1. 投稿資格
    日本犯罪社会学会の会員に限る.
  2. 内容
    未公刊の論説または研究報告に限る.多重投稿を禁ずる.
  3. 分量
    20,000字以内とする.
  4. 要旨・キーワード
    a.500字以内の和文要旨を本文の前に付ける.
    b.250words以内の英文要旨を,その和訳とともに別紙に記載し添付する.
    c.和文要旨・英文要旨の最後にキーワードを各3語付ける.
  5. 投稿期限
    編集委員会において別途に定める.
  6. 投稿先・問い合わせ先
    〒160-0004
    東京都新宿区四谷2-10 八ッ橋ビル7階
    現代人文社気付 日本犯罪社会学会編集委員会
  7. 投稿原稿の印刷書式・送付方法
    a.縦長A4紙に横書き(40字×30行)で印字し,5部を送付する.
    b.本文の冒頭にはタイトルのみ記載し,著者名は記載しない.
    c.タイトルと著者名を別紙に記載し,論文本体に表紙として添付する.
    d.投稿原稿は原則として返却しない.
  8. 題名・筆者名の記載方法
    題名には英文タイトルを,筆者名にはローマ字を,筆者名の次には所属機関名を付す.
    例: 現代の犯罪学     安藤太郎  (東洋大学)
       Contemporary Criminology Taro Ando  (Toyo Univ.)
  9. 本文・説明,注・引用文献,図表などの記載方法
    a.横書き,常用漢字,新仮名づかいを原則とする.
    b.注は文中の該当箇所に数字 1), 2)……を入れ,本文の最後に一括して通し番号で記載する.
    c.引用文献・参照文献は文中の該当箇所に割注を入れ,論文の末尾の文献リストと対応させる.自著の場合,著者名に拙稿等を用いずに氏名を記載する.
    割注の例:
    ……である(澤登 1994a).……
    ……と述べている(澤登 1994b: 30-2).……
    ……と述べている(Becker 1963=1978: 105-13).……
    ……といえよう(Becker 1963; Inverarity 1983).……
    ……彼もその例外ではないが(Becker 1963, 1967),……
    ……彼らもその例外ではないが(大庭・中根 1991),……
    *著者名は原則として姓だけを記載するが,同姓の著者がいる場合には名も記載する.
    *引用ページを記載する必要のない場合には,コロン以下を省略する.引用ページが複数ページにわたり,重複している位の数字があるときは,その記載を省略する.
    *同一著者による同一出版年の文献が複数ある場合には,出版年の後に小文字のアルファベットを付けて区別する.
    *共著の場合には,邦文のときはナカグロ(・)で,英文のときは andでつなぐ.3名以上の共著の場合には,邦文のときは(ほか)を,英文のときは(et al.)を付け,2人目の著者以降を省略することができる.
    *訳書の場合には,原書の出版年と訳書の出版年をイコールでつなぐ.引用ページは,原書のときは原書の出版年に,訳書のときは訳書の出版年に,それぞれ付加する.
    *同一著者の複数の文献を記載する場合には,出版年をカンマでつなぐ.異なる著者の複数の文献を記載する場合には,セミコロンでつなぐ.
    文献リストの例:
    Becker, Howard S., 1963, Outsiders, Free Press.(=1978, 村上直之訳『アウトサイダーズ』新泉社.)
    ――――, 1967, "Whose Side Are We On?" Social Problems 14(3):239-247.
    Inverarity, James M., 1983, Law and Society, Little, Brown.(=1994,松村良之・宮澤節生・川本哲郎・土井隆義訳『刑事法の法社会学』東信堂.)
    大庭絵里・中根光敏, 1991, 「社会問題の社会学の構築をめざして」『ソシオロジ』36(2): 71-86.
    澤登俊雄, 1994a, 『世界諸国の少年法制』成文堂.
    ――――, 1994b, 『少年法入門』有斐閣.
    *筆頭著者は姓名の順に記載し,その他の著者の記載は各国の慣例に従う.
    *各文献は筆頭著者の姓名のアルファベット順に並べる.
    *雑誌論文の場合には,雑誌名の後に,巻(号): 論文の初ページ-論文の終ページを記載する.
    d.図・表は,刷り上がり1/2ページ大の場合は600字分として,刷り上がり1/4ページ大の場合は300字分として換算する.
  10. 掲載する論稿は,審査のうえ,修正を要求することがある.自由論文および研究ノートについては,審査のうえ,採否を決定する.なお,採択決定後に,原稿の保存されたメディア(フロッピーディスク・CD等)を送付する.
  11. 原稿料は無料とする.ただし抜刷50部を進呈する.
  12. 英文投稿の場合は,英文投稿規定による.
  13. 掲載論文および研究ノートは発行日より12か月以降に,本学会の指定する電子ジャーナル公開システムに公開する.

なお,計量的研究の成果を投稿される方は,下記の手引きを参考にするよう,お勧めいたします.

手引き(PDF:29.9KB)